Charlotte Wattsさん

 

取材:2012年6月28日

AIJP雲流のレビュー
私の一連の作品”Farewell to Manzanar”シリーズを印刷するインクジェット紙を探していた2年前、
私は偶然、「A.I.J.P.雲流」に出会いました。
それは、私の探し求めていたものでした。

そして、この和紙は、”Manzanar”プロジェクトだけではなく、私の作品のほとんどに使う紙になりました。
実際、それは私の写真を撮る方法さえ、先入観や鑑賞から最終プリントまでも変えました。

古代の魂とともに、本当の「雲の龍」が、この和紙の中に生きているとしか言えません。

私はその繊細で呼吸するように浮かんでいる雲流の透明感が好きです。

繊細でありながらとても強靭です。

「A.I.J.P.雲流」は、ユニークなキャラクターをそれぞれのプリントにもたらしてくれます。

私は、この素晴らしい、複合体である「A.I.J.P.(Awagami inkjet paper)」を心から推薦致します。

 

Review Awagami Inkjet Paper Unryu 55
About two years ago, while I was searching long and hard for an inkjet paper on which to print my series Farewell to Manzanar, I happened upon Awagami Unryu 55. It turned out to be the solution/end to my quest. Not only is it perfect for the Manzanar project, it has become, for much of my work, the only paper I use. In fact, it changes my way of photographing―from preconception, viewing, to the finished print. It is animate--there is no other way to say it―there are real cloud dragons with ancient souls in this paper. I love its translucency, how it floats on a mat, and how it breathes. It is delicate, yet extremely strong. Unryu 55 adds a unique organic character to each print. I am very happy to recommend this gorgeous, complex Awagami inkjet paper.

阿部 高嗣さんの作品

アワガミファクトリーから

シャーロットさんには、このモノクロ作品のシリーズ”FAREWELL TO MANZANAR”で、AIJP雲流をお使いいただいていますが、雲流の繊維が、静かなモノクロ作品の中で活かされていて、観ていて絵画のようにも思えます。
「cloud dragons」と表現いただいていますが、とても日本的な「雲流」とシャーロットさんの作品が、相性がよく、お互い活かされているということに私たちも感動しました。

公式サイトはこちら
http://www.charlottewatts.com/

アワガミファクトリーオンラインストア担当/山岡陽子

 

アワガミインクジェットペーパー AIJP ページTOPへ